医師転職のこと

私の実体験から考える、医師の転職を成功させる5つのポイント

このブログを書いている私自身も、いろいろ考えながら医局を辞めた人間です。

医師は本当にストレスの多い職業です。ただでさえ自分の判断で人の命に係わるような張り詰めた仕事をしているのに、上司の顔色を伺ったり、やりたくもない事務仕事が沢山あって毎日帰宅も遅くなったり…とストレスフルですよね。

でも医者の仕事って学問としては面白いしやりがいもある仕事です。できればこのやりがいを保ってもう少しストレス軽減出来るような職場がないかを考えた結果、転職という道を選ぶ医師も近年増えています。

でも闇雲に転職しても聞いていた条件と違う!なんてことになることも…

そこで今日は私の転職経験も踏まえて、あなたの転職を成功させるためのポイントをまとめます。

自分の将来像を考えながら就職先は探す

皆さんが転職を考える理由はなんですか?

「自分のキャリアアップのため」、「今の職場を辞めたいから」など理由は色々だと思います。自分のやりたいことがはっきり決まっており、そのためのキャリアプランとして、自分のスキルアップのための病院を探すことは大切なことです。

  • 過労ですぐにでも今の職場をやめたい
  • 嫌な上司がいて、早く今の医局を抜けたい

など、とにかく今の職場から逃げたい気持ちはよく分かります。私自身も以前医局にいた時ほんとに辛かった時期があって辞めてますから、逃げの気持ちの転職を悪いことだとは1ミリも思っていません。

でもそのまま闇雲に転職先を探しても、また次の職場でも嫌なことばかり…なんてことになってしまうかもしれません。

どんな理由で転職するにしろ、「自分の将来像を考えながら」「次の職場でやりたいこと・次の職場に求めること」を明確にしておきましょう。

◯◯の勉強をしたいので、この症例数が多い病院に行きたい

と言った自分のスキルに関することでも良いですし、

家族との時間を大切に出来るように当直やオンコールのない勤務がしたい

といったライフスタイルに関する条件でも構いません。

どうせ理想の病院なんてないでしょ?と思うのは少し待ってください。確かに無茶な条件は満たせない場合もありますが、それでもまずは自分の希望する条件とその優先順位を整理させましょう。

条件をきちんと書き出すことが、理想の求人に出会うための第一のポイントです。

転職サイトを上手く活用

今や100を超えると言われる医師向けの転職サイト。これらの転職サイトを利用すると、一般には公開されていない非公開求人に出会えたり、転職に必要な面接調整などのサポートもしてくれたりと、メリットが多いです。

医師の転職の場合は、周りの医師の口コミも重要になりますし、自分で探していくのも勿論必要ですが、是非とも転職サイトを並行して利用してみてください。

求人を紹介してもらえるという点ももちろん重要ですが、転職サイトのコンサルタントはこれまでにも多くの転職支援を行ってきているので、過去の事例などから現職場の退職に関することなどの情報も多く持っています。私の場合は専門医を持たない状態で転職したので、専門医取れる病院へ行きたいというと、取得可能な病院のリストを作ってくれたり、条件をまとめてくれたりとすごくお世話になりました。

また、転職したものの聞いていた条件と違う…というのはよくある話です。例えば転職サイトにの一つである医師転職ドットコムでは、勤務条件書を事前に作成してくれて、絶対に事前の情報と相違がないように、といったサポート体制もあります。

転職サイトは複数社登録が基本

転職サイト利用のポイントとして、1つのサイトで全て探そうとせず、いくつか登録して色々な案件を見ながら比べてみるのが一番です。求人サイトによって微妙に持っている案件が違うので選択肢が増えますし、他社の条件を出すことで、コンサルタントから更に良い条件の案件を提案してもらえる可能性があります。

何より医師求人サイトはほとんどが登録料無料で、結婚相談所のように求人を紹介してもらうたびに料金が発生する、なんてことは一切ありません。

ですから、医師側にとって複数社登録することにほとんどデメリットはなく、多くの情報を得ることが後悔のない転職をするポイントにもなってきます。

【最新版】医師転職サイトを実際に利用して比較!選び方とおすすめサイトを紹介!医師向けの転職支援サービスは沢山ありすぎてどこに登録すれば良いか分からなくなっていませんか?実際に8社を利用して比べてみたので選び方やおすすめのサイトを紹介しています。...

情報収集を面倒くさがらない

いくら医師の転職が売り手市場だからと言っても、1年ごとに転職を繰り返していてはどこに行っても「すぐにやめてしまう人」と評判は落ちます。つまり、転職はその後の人生に大きく関わるビッグイベントだと思って多少の面倒や手間は惜しまずにかけるべきです。

上に書いたように、複数社に登録して色々なサイトの求人を比べるというのは手間もかかりますし、専任のコンサルタントにお願いするとしても面談などの手間はもちろん増えます。また、転職サイトを利用しながらも、自分のやりたいことが明確にあるのであれば、その分野に強い病院の口コミなどを自分で探して募集状況を確認する、といった作業も合わせて行うべきです。

そして転職先が本当に自分の希望する条件の場所なのか、よくよくいろんな方面からリサーチしていく必要がありますから、自分自身でもその病院について調べたり、知り合いの口コミを聞いたりするなどの出来る限りの情報収集は行うようにしましょう。

医局を辞めるときは心して辞めるべし

今現在医局に属している人は、医局を辞めるのは一大決心のはずです。以前ほど医局の縛りはなくなりましたが、一旦辞めた医局に再び戻ってくる、というのは難しいです。

また、いくらもう辞める医局とは言っても医師の世界は狭いですから、上司との関係がもつれたりすればその後の医師としての人生にも影響する可能性は十分あります。

何度も言いますが、私は「現職場が辛い」ならそれだけで十分辞める理由になると思います。自分自身がそれでやめて本当に良かったと今思っているからです。

ただし、医局を辞めるときは自分が最も高く売れる時になる可能性があります。「〇〇大学の医局にいた」というブランドがつきますし、受け入れる側も「あそこにいた先生なら安心だ」という暗黙の了解があったりする場合もあります。

私は辞めると決心したことを医局長に伝えた時に、このことを言われて改めて真剣に探すぞ!と思ったのを覚えています。

ただ、別の記事にも詳しく書いていますが、医局を辞めたこと自体は全く後悔していませんよ!

医局を辞めると後悔する?その不安を医局を辞めた私なりに解決しよう。医者になったら当然どこかの医局に所属するもののと思って入った大学病院の医局。 ところが働き始めてみると、平日土日関係なく毎晩遅くま...

辞めてしまえば心身共にストレスフリーになってすごくスッキリしました!

まとめ

以上、私の経験から語る、医師が転職を成功さあせるための5つのポイントを紹介しました。

私の場合はまずは転職支援サイトで色々情報収集することを始めたのですが、そのおかげで今の職場に出会えて本当に良かったと思っています!このブログの読者のあなたも後悔のない求人に出会えることを願っています!

ABOUT ME
えいみー
えいみー
修行や雑用が嫌いな意識低い系ゆとり世代です。なによりもコスパを重視するゆえ、出来るなら必要最小限の努力で立派な医者になりたいです。医局は辛かったので辞めました。要領の良さと見切りの速さがチャームポイントです。医者のQOMLを向上させよう!をテーマに情報発信するためのブログ書いてます。
こちらの記事も読まれています