医師転職のこと

医師向け転職サイトを利用するデメリットはあるか?

医師向けの転職サイトは私も自分の転職時に大変お世話になりましたが、全て無料で色々なサポートをしてくれるので、結論からいえば登録する医師側にデメリットはほとんどないです。

そうは言っても、敢えてのデメリットを挙げるなら?

と考えてみたので、あえてのデメリットを考えてみました。

転職サイト利用の3つのデメリット

1:コンサルタントからの電話やメール等が多くなる

転職サイトの収入の多くは医師の転職を成立させた際の成功報酬として発生します。

転職サイトの利用料は本当に無料?「医師転職サイトは全て無料で利用出来ます!」って書いてあるけど、本当かな? 登録した後に紹介料だなんだでお金取られたりしないのかな...

ですから、コンサルタントはなんとか医師に就職を成立させてもらいたいと考えています。

勿論実績のある大手は営業のためだけに無理に医師に転職を迫るということはないので、その辺を心配して転職支援サービスへの登録を渋る必要はないですが、実際連絡は結構来ます。

良い意味で言えば非常に親身になってこちらの希望条件を聞いてくれたり、面接調整や退職のサポートまでしてくれるわけですから、当然ここまでしてくれるからにはある程度電話やメールでの頻繁なやりとりが必要になってきます。

サポートをしてくれるのはありがたいですが、人によってはメールや電話が多くて面倒に感じる場合もあるかもしれないです。

実際、人気の転職サイトほどこうしたサポートが整ってますから、登録後のレスポンスがびっくりするくらい早くて、登録したらものの1時間以内でメールや電話がかかってきます。

コンサルタントさんは医師を普段から相手にしているので私達が忙しいことは充分理解してくれていますし、電話をかける時間等もかなり気を遣ってくれています。

病院に「税金対策の相談で不動産マンションの購入を…」と電話をかけてくる変な業者とは比べものにならないくらい良識あってこちらに配慮した電話だと思います。

転職をする場合には何社か登録して色々な求人を比較していくのが効率的なのですが、何社か登録しているとコンサルタントさんとのやり取りが面倒に感じてしまったりもします。

それでも全部自分で探して書類仕事をするよりも業者を通すことでトータルでは時短になります。

そしてメールや電話へのレスポンスは軽やかにしていた方が、良い求人に出会える機会も増えますので、私も相当なめんどくさがりですが、自分の将来のためにrapid responseを心がけましょう!

2:初めのうちは転職先との間接的なやり取りになる

面接の調整や、条件の調整まで全部してくれるのはありがたいのですが、その分間接的なやり取りになってしまうので、相手方の人事の雰囲気や感触が掴めず不安になるというのは一つのデメリットかもしれません。

勿論コンサルタントさんはこの道のプロなのですから信用して良いはずなのですが、やはり自分で実際に連絡を取れていないと「ちゃんと条件が伝わるか」や、「段取りが進んでいるのか」など不安になるのは事実です

このことは転職サイトさんも理解しているのでまめに連絡をくれる方が多いですが、もし気になることがあればどんどん聞いて「今どんな状況ですか」なども質問すればすぐに答えてくれますよ。

3:稀に仲介業者を通しての募集を受け入れていない病院がある

当然ですが、転職先の候補は仲介業者に紹介されている病院だけではありません。

紹介されていない病院であっても「〇〇病院って募集あるんでしょうか?」等、気になる病院があれば聞いてみてOKです。募集状況を調べてくれたり、書類仕事のサポートもしてくれます。

ところが稀に仲介業者を通しての募集はしてくれず、自分で直接病院にアプローチすると募集していたというパターンもあるようです。

また、私の場合にはある業者では「募集終了しました」と言われたけど、別の業者を通したら「募集しています」と言われたこともありました。(O_O)

会社毎に強い関わりのある病院とそうでない病院のコネクションがあるので、このデメリット回避のためには、「複数社登録する」ことと、「自分でもリサーチ、時には自分で直接応募」することです。

勘違いされる点:転職サイトを利用すると年収が安くなる?

さて、「転職サイトを利用すると仲介料を持って行かれる分就職時の年収が安くなる」なんていう噂があるようですが、これは全くのウソですから安心しましょう。

確かに転職サイトは、募集する側の病院や企業からの広告料や成功報酬で成り立っているのですが、その分転職した時の年収を安くされるということはありません。

なぜなら、転職サイトは病院側にとっても多くのメリットがあるのです

転職エージェントを通すことで面接者を厳選出来ますから、応募にきた全員を面接する手間やコストを削減出来ますし、多くの登録医師の中からコンサルタントによって上手く条件にマッチする医者を選別してもらえるのです。

つまり、ただただその病院のホームページで職員募集を行うだけよりも、双方から積極的にマッチする相手を探している状態ですから、言わば結婚相談所のようなものです。

まとめ

あえての転職サイトのデメリットを記載してきましたが、基本的には転職サイトは利用して損することはあまりないです。

特に繰り返しになりますが、

「複数社登録して比較すること」
「自分でも情報収集を怠らないこと」

この2点を踏まえて、転職サイトは上手く利用するのが良いと思います。

みなさんが良い職場と巡り会えますように(^人^)

ABOUT ME
えいみー
えいみー
修行や雑用が嫌いな意識低い系ゆとり世代です。なによりもコスパを重視するゆえ、出来るなら必要最小限の努力で立派な医者になりたいです。医局は辛かったので辞めました。要領の良さと見切りの速さがチャームポイントです。医者のQOMLを向上させよう!をテーマに情報発信するためのブログ書いてます。
こちらの記事も読まれています