医師転職のこと

医師の転職支援サービスを実際に使ってみて感じたこと

実は最近私今の医局を辞める一大決心をしました。

医師向けの転職サービスってインターネットで調べれば沢山出てくるんですが、どれもちょっとおおげさなんじゃない?と思えるような広告や、アフィリエイトサイトばかりで本当に正しい情報なのかが非常に怪しいのです。

実際に利用した人の記事というのもなかなか見つけられません。

なので実際に利用した私の経験談から、こうした転職支援サービスの使い方とか、メリットデメリットなどなど気付いたことをまとめておきます。

そもそも医者向けの転職支援サービスって?

その名の通り、医者専門の転職サイトです。って説明も何もありませんね。常勤の転職だけでなく、非常勤での転職やスポットアルバイトのマッチングもあってそれぞれ利用方法が少し異なるとは思うのですが、今日は常勤の転職を前提で書いていきますね。

簡単に言えば、登録すると専任の転職支援コンサルタントがついてくれて、自分の経歴や希望条件を伝えるとそれに合った病院を紹介してくれます。更に言えば見学や面接の調整などもしてくれて、就職までの諸手続を全面的にバックアップしますよっていうサービスです。

しかも登録料や利用にかかる手数料は一切無料です。正直利用する医師にとってはメリットはあってもデメリットは皆無に近いサービスなわけです。

どうしてそんなサービスが無料で利用出来るのかと言えば、求人を出している病院側が、転職支援サービス会社に「先生を紹介してくれてありがとう〜」という報酬を渡しています。ですので利用する私達の側は一切紹介会社にお金を払う必要はないわけですね。

つくづく医者は需要の多い世界なんだと思います。

ネット上での口コミは?

インターネットでこうした転職支援サービスについて検索すると、メリットばっかり出てきます。

  • 無料で利用できる
  • 経験豊富な専任コンサルタントが条件にあった求人を紹介
  • 見学や面接の日程も調整してくれる
  • 現在の医局を辞めるためのサポートもばっちり

などなどの口コミが沢山です。

概ね正しいですが、ちょっと誇大広告感がないわけでもないので、実際に使ってみて感じたことを書いてみます。

実際使ってみて感じたこと

医局を辞めるサポートもしてくれる?

結論から言いますが、確かにサポートはしてくれますが最終的に決めて上司に話すのは自分です。当たり前ですが…。

でも相談には載ってくれて、他のドクターがどのようにして医局を辞めているか、などのアドバイスはしてくれます。

私も実際医局を辞める時にはとりあえずコンサルタントさんに相談して色々情報収集しました。

【保存版】医局の辞め方ガイド〜私が新しい就職先を見つけて転職するまで最近医局をやめて市中病院で働き始めた6年目医師です。医局が嫌でやめたいと思いつつ、色々しがらみもあるんじゃないかとか悩みながらも転職した経験やその時感じたことなどを全部書いています。...

ただ当然ながら最終的にはやはり自分で勇気を出して医局長や教授に話すしかないのでめちゃくちゃ緊張しましたね。まぁ冷静に考えて第三者がそんな話に割り込むのは無理ですもんね。

コンサルタントはみんな経験豊富で優秀?

これは当たり前ですけど、全員が経験豊富で優秀なコンサルタント、、ではないと思います。

私も登録した中で個人的にすごく信頼出来るなぁ〜と思えるコンサルタントさんもいましたし、なんか話かみ合わないしイマイチ?という人もいました。

インターネット上の医師転職サイトの比較記事で「〇〇社はコンサルタントさんが優秀!」と書かれていても自分はイマイチだなぁ…と思った会社もあったので、あくまで個人の相性と当たり外れがあるという感じですね。

と言ってもハズレ率がそうそう高いわけではないので、この解決は大手の転職支援サイト3〜5社くらいに登録して比較するのが良いかなと思います。

【最新版】医師転職サイトを実際に利用して比較!選び方とおすすめサイトを紹介!医師向けの転職支援サービスは沢山ありすぎてどこに登録すれば良いか分からなくなっていませんか?実際に8社を利用して比べてみたので選び方やおすすめのサイトを紹介しています。...

↑は私のおすすめサイト紹介です。

求人内容は各社で差が出る?

表題の通りなのですが、いくつか登録してみると、結構同じ病院を紹介されました。ただ、条件は少しずつ違ったりするところもありましたし、こと条件の交渉に関しても各社で違いがありそうです。

紹介される病院以外にも「ご自身で気になってる病院があれば教えてください」と言われて、具体的に自分で調べた病院名を出すと、そこも紹介可能であれば色々手続きしてくれます。

そして各社毎に「深い関係のある病院」と、「紹介は出来るけどあまり深い関係はない病院」があるようです。なので気になってる病院があるなら何社か登録して、「ここ気になってます」と病院名を挙げてみて反応を見るのもアリでした。

そして何より驚いたのは、あるコンサルタントには「こちらの病院は人気のため既に枠は埋まってしまっています」と言われた病院が、他のサイトのコンサルタントさんからは「紹介可能ですよ」と言って見学や面談などの手続きもしてくれました。

こんなこともあるので、やっぱりいくつか登録して情報は沢山集めるに超したことはないですね(O_O)

専門医取得前のドクター向けの求人が少ない

これに関しては私も専門科3年目で専門医は未取得です。色々思うこともあったので別の記事でまとめました。

専門医前に医局を辞めるのは可能なの?実体験から書く専門医前の転職こんにちは! 私は現在麻酔科3年目の専門医取得前のドクターです。最近諸事情あって今の医局を離れて病院を移る決心をしました。 ...

結論は、こうした人材紹介会社に出ている求人は専門医未取得のドクター向けのものは少ないのですが、実際の需要は多いです。

なので専門医未取得で転職を考える場合は、こうした仲介業者に任せきりにしないで、自分でもしっかりリサーチをした方が良いと思うのです。

まとめ

ネットにあんまり書いてないけど実際使ってみて感じたことを長々と記事にしてみました。

この記事では、「ネットに書かれている評判と違うなぁ…」と気になった部分を載せてますが、実際使ってみての感想はメリットの方が断然大きかったですよ!

正直無料でここまでしてくれるのは大満足です!

ではでは、今日はこの辺で(*・ω・*)

ABOUT ME
えいみー
えいみー
修行や雑用が嫌いな意識低い系ゆとり世代です。なによりもコスパを重視するゆえ、出来るなら必要最小限の努力で立派な医者になりたいです。医局は辛かったので辞めました。要領の良さと見切りの速さがチャームポイントです。医者のQOMLを向上させよう!をテーマに情報発信するためのブログ書いてます。
こちらの記事も読まれています