その他のプチ情報

女医の結婚後の改姓、名前変更手続きについてのまとめ+旧姓で働くには?

どうも!意識低い系女医のえいみーといいます!

突然ですが、ご結婚おめでとうございます!(ぱちぱち)

私も一応結婚することが出来たので、改姓手続きなどが皆さんの参考になればうれしいなと思い、ここにまとめておきます。効率よく回って出来るだけ一日で終わらせましょう!

改姓手続きが必要なもの

一般的なもの

まずは女医に限らず、結婚したら変更が必要になるものです。

  1. 免許証
  2. パスポート
  3. 銀行口座・キャッシュカード
  4. 各種クレジットカード
  5. 賃貸や公共料金、携帯電話契約の名義
  6. 年金手帳

このうち、平日の営業時間内に行った方が良いのが上の3つです。それ以外は他の時間でもなんとかなるので後回しです。

女医特有のもの

  1. 医師免許証
  2. 保険医登録票
  3. 麻薬施用者免許証
  4. 各種学会

このうち面倒なのは医師免許です…。改姓の手続きも、受取の手続きもどちらも保健所の開いている平日日中に行かなければなりません…。

改姓手続き – 平日の年休1日で終えるモデルプラン

女医さんの場合なかなか平日に休みの時間が作れないものです。

改姓手続きは平日でないと出来ないことも多く、色んな施設に行かなければならないので、私の場合は1日年休を取って、一気に終わらせました。

とは言っても、予め準備しなければいけないもの、後日取りに行かなきゃいけないもの、もあるので前後でも平日のお休み(一日はなくても良いけど数時間のお休み)が必要になります。

一応私の改姓手続きの一日のプランを載せました。クレジットカード等は後から電話での変更も可能なので、この時は「平日日中にしか出来ないこと」を優先させました。

事前にやっておくこと

旧住所の転出証明書の取得

引っ越しする場合は旧住所で転出証明書を貰っておきますので、そのために平日短時間利用して役所に行く必要があります。市町村によっては土曜日も開いている窓口もあります。

改姓手続き当日は朝一番で役所に住所変更を提出するところから始められるようにしておきます。

婚姻届提出から戸籍謄本ができあがるまで1週間程度かかる

婚姻届提出から戸籍謄本ができあがるまで1週間程度かかります

改姓手続きのための休みを取得する場合は、この点を考慮に入れて予定を組んでくださいね。

病院の事務手続きに必要な書類を確認しておく

役所に何度も行くのは面倒なので、事前に必要な書類を確認しておくと当日がスムーズです。

当日の持ち物

  • 印鑑(新姓のもの)
  • 免許証(持っている場合)
  • パスポート(持っている場合)
  • 新しいパスポート用の写真(なければ現地にも撮影場所ありだけど時間節約のために事前準備が◎)
  • 銀行の通帳・キャッシュカード
  • 車検証(車を持っている人)
  • 旧住所役所からの転出証明書(引っ越した場合)
  • 医師免許証(原本、ただし旧姓使用の場合は原本は返納しなくて良い)

8:30〜 まずは役所

朝一番まず向かうは本籍地の役所です。ここで戸籍謄本をゲットします。

住所の変更がある場合で、引っ越し先が本籍地と異なる場合には、戸籍謄本だけ貰ったらすぐに新住所地の役所に移動して住所変更手続きをした後に住民票を受け取っておかねばなりません。

役所で受け取っておきたい最低限のものは下記です。

  • 戸籍謄本 3〜4通 (パスポート用、医師免許用、職場提出用、予備)
  • 住民票 2〜3通 (運転免許証用と職場提出用)
  • 婚姻届受理証明書 1通 (職場提出用)

ちなみに、婚姻届受理証明書は職場の改姓手続きに必要と言われました。戸籍謄本複数枚でも良かったのですが、受理証明書の方が発行手数料が若干安かったのでこちらを準備しました。

病院によって改姓手続きに必要な書類があると思うので、事前に事務の方や秘書さんに確認してから必要なものを受け取るようにしましょう。

そしてそのまま役所でマイナンバーの改姓もしておきます。朝一だと役所も比較的空いていたのでスムーズにおわりました。

9:30〜 住所地の警察署で運転免許証の改姓と車庫証明申請

まず最初に行くべきは運転免許証の改姓です。

なぜなら最初に免許証の改姓を行っておくと、以降この免許証が身分証明書として使えるようになるからです。

警察署での手続きは必要書類を書けばすぐに終わります。私の場合は少し待ち時間があって20分程度で終わりました。

私は車は持っていなかったのですが、車を持っている方は車検証の登録変更のために「車庫証明」の申請をしておく必要があります。

10:30〜 旅券課窓口でパスポートの改姓

都内には4箇所のパスポートセンターがあり、平日の夕方にも空いているところもあるので、どうしても移動時間等で難しい場合はこのステップは飛ばしてもOKです。

ただ、平日夕方のパスポートセンターは激混みです。なので時間的に許すのであれば平日日中に行っておくと楽です。

ここで必要になるのは旧パスポート、戸籍謄本もしくは戸籍抄本、パスポートの写真、です。詳細は各都道府県の改姓手続きページがあります(東京都の場合はこちら)のでそちらを参考にされてください。

パスポートは数週間かかるので後日受取に行く必要があります。受取だけであれば混み合う時間でも比較的すぐに受け取れるので、平日夕方や日曜日でもOKです。

12:00〜 ランチ

折角平日の貴重なお休みだったので、気になってたお店でランチしました(*´艸`)

13:00〜 銀行と郵便局を回る

銀行は15:00までが受付最終の場合が多いのでここで回っておきます。

私は主に使っている銀行口座が3つ(三菱東京UFJ銀行、三井住友銀行、ゆうちょ銀行)あったので順番に回って改姓しました。手続き自体はそれほどかからないのでさくさく回って持っている口座は全部変更しておきます。

ちなみに、ゆうちょ銀行は窓口が16:00までと他の銀行より遅かったので、回る順番は郵便局を最後にすると良いです。

この時に郵便局で収入印紙1000円と62円はがきを一枚購入しておきます。この後の医師免許証の改姓手続きで必要になります。

郵便局へ行くついでに郵便物の転送手続きも一緒に出来ますが、これはインターネットからも出来るので時間がない場合は飛ばしてOKです。

15:00〜 保健所で医師免許証の改姓

医師免許証の改姓は保健所で行います。ここでも戸籍謄本が必要になります。

医師免許の改姓が完了するにはなんと数ヶ月程度かかります。

そこで郵便局で購入しておいたはがきに自分の宛名を書いてお願いすると「医師免許の改姓手続き中ですよ〜」という証明書を発行してくれます。

数カ月間の間に職場に提出する機会があることがあるので、これを貰っておくと便利です。

ちなみに、登録時に必要な収入印紙は1000円です。昔は一項目につき1000円だったとのことで私は名前と本籍地の2項目で2000円準備していってしまったので損してしまいました…(^_^;

参考:医籍の訂正と免許証書換え申請手続き

後日取りに行ったもの

パスポート

取りに行くだけなら日曜日でもそれほど並ばないので、空いている休日に行けばOKです。

パスポートは変更中だと海外に行けなくなってしまう場合があります。婚姻届を出した後でも旧姓のパスポートで旅行に行くことは可能なので、新婚旅行などに出かける場合は計画的に変更手続きをします。

医師免許証

医師免許は名前の変更が完了すると「登録済証明書」というのが送られてくるのですが、私の場合はこれが送られてきたのは保健所への提出から2ヶ月半程度経過してからでした。

このはがきが届いたら変更完了なので、平日の保健所が開いている時間に取りに行きます。

私が医師免許の改姓手続きをしたのが「平成29年5月半ば」
このはがきに記載されている日付が「平成29年7月7日」
このはがきが届いたのが「平成29年8月初め」

だったので、どうしてこんなに時間がかかるんでしょう…と少し思ってしまいました。

車庫証明

私は自分名義の車はなかったので関係なかったですが、必要な方はこれも平日日中に取りに行く必要があります。こちらは数週間で出来るのに対して医師免許は数ヶ月かかるので、なかなか同じ日に取りに行きづらいのが難点…

職場で変更してもらうもの

  • 保険医登録票
  • 保険証
  • 麻薬施用者免許証
  • 年金

上記は基本的に病院の事務方で変更してくれますので、事前に必要な書類を確認して書類を提出すればOKです。

また、仕事上の名前を旧姓のまま続ける場合には別途書類が必要な場合もあります。

自分で変更するけど平日日中じゃなくても良いもの

  • クレジットカード
  • ネット証券口座
  • 各種学会、認定証
  • 携帯電話、公共料金、賃貸契約
  • 各種保険
  • マイレージサービス など

上記は電話やインターネットでの名義変更申請が可能なので、それぞれの営業時間内に連絡すればOKです。

麻酔科学会の名前変更は「えっこれでいいの??」ってくらいあっさり終わりました。

旧姓のまま働く場合

旧姓で働く場合に異なってくるのは、上記のプランのうちの「医師免許証の名前変更」の部分です。

仕事上は旧姓で働く場合も、「医籍登録」の名前は変更が必要になります。

この場合は保健所での名前変更の際に「旧姓で仕事をしたい」ということを伝えて医師免許の名前はそのまま、医籍の登録のみを変更してもらいます。

よくある女医の名前変更時の疑問

医師免許の改姓をすると医籍登録番号や登録日は変わる?

これは変わりません。医籍番号や登録日は旧姓の時と同じです。

旧姓で働く場合の不都合は何かある?

私の周囲でも旧姓のまま仕事を続けている女医さんが何人かいますが、そこまで不都合なことはないようです。

強いて挙げるなら、外勤や出張先が変わった時に「振り込み先の銀行口座の名義」と「仕事上の名前」が異なっているため、その都度事務に説明したり、追加の書類が必要になったりすることくらいのようです。

旧姓使用の場合死亡診断書を書く場合の名前は旧姓でOK?

仕事上の名前が旧姓の場合は、死亡診断書の名前も旧姓でOKのようです。

おわり

なかなか「女医の名前変更」についてひとつにまとまっているページがなかったので、自分の経験を元にまとめました。

「ここはこうだよ〜」など変更点あれば修正しますので、ブログ上部メニューの「お問い合わせフォーム」から連絡をいただけるととても助かります!

補足ですが、私は結婚を機に医局を辞めて職場を移り、とても働きやすくなりました。

結婚を機に転職した医師が語る〜出産後も今の職場で働くのが不安な女医さんへ突然ですが、あなたの今の職場の先輩ママさんはどんな形で働いていますか? 上司は女性の子育てに協力的で理解があると言えますか? ...

他にも医師の転職方法や医局を円満に辞めるポイントなども当ブログで紹介しているので参考にしてください^^

【保存版】医局の辞め方ガイド〜私が新しい就職先を見つけて転職するまで最近医局をやめて市中病院で働き始めた6年目医師です。医局が嫌でやめたいと思いつつ、色々しがらみもあるんじゃないかとか悩みながらも転職した経験やその時感じたことなどを全部書いています。...
ABOUT ME
えいみー
えいみー
修行や雑用が嫌いな意識低い系ゆとり世代です。なによりもコスパを重視するゆえ、出来るなら必要最小限の努力で立派な医者になりたいです。医局は辛かったので辞めました。要領の良さと見切りの速さがチャームポイントです。医者のQOMLを向上させよう!をテーマに情報発信するためのブログ書いてます。