資産運用・節税

医者の自分が本当に入るべき保険を考えてみることにした

こんにちは!( ´艸`)

先日の記事で銀行窓口でおすすめされたドル建て終身保険についての思ったことを書いてみました。

あわせて読みたい
銀行窓口で勧められたドル建ての終身生命保険のお話こんにちは!先日たまたま行った銀行の窓口で「ドル建ての終身生命保険」を薦められました。私自身はこの保険にあまり魅力は感じていないので入り...

そこで今日は医者の自分が入るべき保険ってなんだ??という素朴な疑問について考えてみました。

そもそも保険ってなに?

保険の考え方

保険って何のためにあるのか、考えてみます。

私見ではありますが、簡単に言えば保険は「誰かが困ったときのために皆で少しずつお金を出し合っておきましょう」という概念です。

だってやっぱり人生何が起こるか分からないじゃないですか。

  • 明日交通事故で死ぬかもしれない。もし大黒柱の自分が死んでしまったら、残された家族はどうなるのか。
  • 車でうっかり不注意で歩行者のおばあちゃんに怪我をさせてしまった。治療費数百万円…どうしたものか。
  • 運悪く医療訴訟に当たってしまい、慰謝料数千万円…

とかとか。明日突然数百万円や数千万円単位のお金が必要になる事態が来るかもしれないです。

そういう万が一の時に備えて皆でお金を出し合って貯めておく。その中で困った人、急にお金が必要になる人がいた場合には、この皆で貯めたお金から使いましょう。という仲間が集まっているのが保険の原則だと思うのです。

保険は損得で考えて入るものではない

ここで大切だと思うのは、保険は原則「払ったお金がそのまま返ってくるものではない」ってことです。いざというときのリスクに備えるお金を払っているんですからね。

なので得する保険とか、損する保険とかそういうのはちょっとナンセンスで、損得ではなく万が一の場合のリスクを考えて入るもの、となりますね。

だからこそ、前回の記事でも少し書きましたが「貯蓄のための保険」は私は意味が分からないと思うのです。ドル建て終身保険もそうですが、生命保険にもメリットを感じるなら良いのですが、貯金のためだけに保険に入る、は明らかに間違ってます。貯金は自分でするものでしょ、と。

なので「掛け捨ては嫌」とか思う気持ち分かりますけど、払ったお金は、自分に何もなければ返ってこないのは当然、というのを基準に考えるべきで、万が一の保障+貯金というよりは万が一の保障に絞って入る方が無駄な保険に入らずに済むし、保険料も安く済むはずです。そして当然ながら必要な貯金は自分でする、と。

保険の団体割引があるのはなぜ?

ところで少し話はずれますが、保険商品には「団体割引」という言葉がよく聞かれますね。

通常保険はみんなからお金を集めて、急に大金が必要になった人を助けてあげるものです。「急に大金が必要になる」可能性とその時の金額を考慮して、みんなから集める金額も決まっています。そして保険会社が損をしては元も子もないので、この急に大金が必要になる可能性は少し高めに計算して、保険会社が手数料として儲けも出せるようになっています。

ただ、保険の加入者が少ないとたまたま保険に入った直後に大金が必要になってしまうような人がいると保険会社は損をしてしまうかもしれません。

出来るだけたくさんの人が加入してくれた方が、色々な人が入ってくることで確率も保険会社の計算に近い値になります。これを「大数の法則」と言ったりします。

なので出来るだけ保険はまとめて団体で入ってくれる人の保険料を優遇してくれます。会社を通して入ると保険料が割引になったりするのはこのためです。

私に必要な保険は?

さて、ここまでの前提で自分に必要な保険を考えてみます。保険の考え方は後田さんと言う方の本が分かりやすくて良いなぁ〜と思いました。

保険は必要な分だけ入る、という至極当たり前のことなのですが。

結局のところ、

  1. 自分に万が一のことがあった時に金銭的に困る人がいるかどうか
  2. 不測の事態で起こることに対して備える
  3. 自分の現在の貯金だけではどうにもならない額が必要になる可能性があるか?

を考えれば必要な保険って見えてくるのかなと。

自分に万が一のことがあった時に金銭的に困る人は?

私は結婚していますが旦那も医者でそれなりに稼ぎがあるので、万が一自分が働けなくなったとしても生活していけないほど困窮することはおそらくないでしょう。両親もまだそれなりに収入もあるので私のお金で生活してもらっているという状況でもありません。

子どもは今はいませんが、出来た場合には事故などで私と旦那が二人とも死んでしまうようなケースがあり得なくはないかな?と思うとどちらかが生命保険に入る必要はあるのかな?と思ったりもします。その場合は稼ぎも多い旦那に入ってもらう方が良い気がするので、ひとまず①に該当する人はいないってことにします。

不測の事態とは?

これは逆に言えば予測出来るものには保険は不要ってことです。

予測出来るんだからそれまでに自分で必要なものは貯めておくのが原則。最初に書いたように保険は貯蓄のためにするものではないと思っているからです。だから子どもの教育費とか、老後の生活費とか、そういうのに備えた保険というのは私はちょっと目的が違うと思っています。

だって自分の子どもがいつから保育園に行って、小学校に行って、、、って不測の事態じゃないでしょ。

老後だって突然リストラされる可能性がなくはないですが(医者はこのリスクは限りなく少ない)、いつ退職するのかは、予測は出来るでしょ?

確かに保険会社は集めたお金を株式や債券で運用してお金を増やしているので、学資保険は支払った金額よりは多くのお金を得られるでしょう。だけど、保険会社はこれでもかというくらい手数料をひいてます。それなら他の投資商品に自分で運用した方が断然良い気がしませんか?

そういうの分かんないからお任せで増やしてほしいーっていうなら貯蓄型の保険もありかもしれませんが、手数料を考えたらロボアドバイザーとかの方が増える率は断然良いと思いますけどね。。。?

あわせて読みたい
ロボアドバイザーって何?医師におすすめのロボアドバイザーはどこ?こんにちは!意識低い系女医のえいみー(@Dr_Amy777)です(*´艸`) 最近は「資産運用」がちょっとしたブームで、この言葉を...

とすると、「突然の事故に巻き込まれて死亡してしまう」とか、「突然大病を患ってしまう」とか、「医療訴訟に巻き込まれてしまう」とか、とにかく可能性は低いけど不測の事態に備える保険に絞るのが良いと思うのです。

自分の現在の貯金だけではどうにもならない金額が必要になる可能性があるか?

ここで悩むのは医療保険でした。

私の年齢や健康状態から、急に数百万円単位のお金が必要になるような病期にかかる可能性はとても低いです。私は女性ですし、子宮筋腫や卵巣腫瘍みたいな良性疾患の可能性は比較的高いです。でもこうした疾患で今の自分や家族の貯金から払えないくらいの医療費が必要になることはあまりないと思うのです。

もっと考えれば、急に乳癌が見つかるとか、子宮頚癌が見つかるとか、抗がん剤治療ですごい額の医療費が…とも考えられなくもないのですが、日本には高額医療費の制度があるので、それでも月当たりに払う額って何百万を超えることはないはずです。

さらに癌の治療に長引いてその間仕事も出来ず、無収入期間が続いたら…と考え出したらキリがないのですが、少なくともよくある医療保険で、「入院したら一日目から日額1万円支給します」とかは、いやいやひとまず一日1万円くらい自分で払えるんじゃない?、と思ってしまいました。

ただ長い目で見れば人間いつかは何かしらの病気になる可能性もあるし、あまりお金がないからと新薬などの高い治療を諦めざるを得なくなっている人もいます。また、最新の治療のために数百万単位でお金が必要になる可能性も考えられなくはありません。

なので私は医療保険については掛け捨てで出来るだけ保険料を抑えて、万一の場合にそれなりの金額が貰える保険が良いかなと思いました。

結論ー自分に必要かなと思った保険

医師賠償責任保険

いきなりそれ!?って思うかもしれませんが、医療訴訟に関しては、やっぱりどれだけきちんと仕事をしていても、一定の確率で遭遇してしまうもの、だと思うのです。しかも万が一慰謝料請求になってしまえば数千万円単位の金額が「急に」「不測の事態で」必要になるものです。だからこれって医者の自分にとっては最も良い必要な保険の適応だと改めて思いました。

これは多分多くの先生方がどこかしらの経由で入ってるのでは?と思います。

医師の賠償責任保険に入る場合も前述の団体割引が使えるところを利用するのが良いです。病院や学会の団体割引を利用するか、民間医局さんを通して入ると保険料が20%offになるので、利用してみてください。

医療保険

やっぱり病気になると治療費がかかる上に自分の収入もストップしてしまう可能性があり得るので、出来るだけ高額な医療費がかかるような場合に備える保険に入りたいと思いました。

「入院しなくても保障が出ます!」とかみたいな謳い文句は無視、少額なら貯金から出せるし、将来のことを考えても自分で貯金して運用してた方が良いと思うからです。

「掛け捨てじゃない」ということをセールポイントにした商品もありますが、結局保険会社は絶対に損をしないようにできてる以上、いくらお金が返ってきたって私たち利用者が「得する」ことはないわけです。なので出来るだけ保険料を抑えるためには掛け捨てで必要最低限、が最適解だと思っています。

医療保険は職場で入れる団体保険が保険料とも良い感じなのでここに入ることにしました。

車の保険や自転車保険

あとは私は今は車は持ってないですけど、車を持ったら勿論車の保険には入りますね。これも不測の事態で誰かに大きな怪我をさせてしまう、ことへの備え。保険の適応です。

もう一つ、意外とみんな盲点なのが自転車保険かも、、、私は自転車で通勤しているのですが、思いがけず歩行者に怪我をさせてしまう可能性もあり得ます。

ただ、自転車保険は使っている人が少ないのでどうしても保険料は割高(期待値に比して高い保険料を支払わなければいけなくなる)になりやすいので、これはすごーーく悩んでいます。

まとめー保険会社は絶対損をしない

今回この記事を書くために保険に関する本を何冊か読みました。改めて感じたのは、保険は絶対に保険会社は損しない仕組みになってるってことです。当たり前ですよね。でもそれどころか保険業界って結構高給取りというか、儲かってるんだろうな〜ということも分かりました。

なので色々不安で保険ってどんどん増えていっちゃうのかもしれないんですけど、必要なものに必要な分だけ入る、のが多分大事です。勿論人それぞれのライフスタイルによって必要な保険って変わってくる思うので、私の最適解がすべての方に当てはまるわけではないと思いますよ!

ではでは、今日はこの辺で(*・ω・*)