医師転職のこと

結婚を機に転職した医師が語る〜出産後も今の職場で働くのが不安な女医さんへ

突然ですが、あなたの今の職場の先輩ママさんはどんな形で働いていますか?

上司は女性の子育てに協力的で理解があると言えますか?

私自身はもともといた医局の先輩ママさん達の働き方を見て、自分も出産後にここで働くのはすごく不安でした。きちんと子育てもしたいけど、専門医取得とか最低限のキャリアは積みたい…と考えていた私は色々悩んだ結果、結婚を機に医局を辞めて今の職場に移りました。

辞める前は色々不安もありましたが、今はすごくよかったと思っていますし全く後悔もしていません。

もし今の職場でずっと働きながら子育てをしていくことに不安があるのであれば、私の転職経験も参考にしてもらえると嬉しいです。

転職前の職場で見ていたママさん

結婚する前私はとある大学病院の医局に所属していました。

ただ、そこでのママさん女医さん達がとても肩身が狭そうで…自分も結婚したら子どもは欲しいと思っていたのでとても心配でした。

大学病院時代のママ女医さんの印象
  • 当直出来ないなら外勤はナシ
  • 時短で朝の導入に間に合わないからといって外来とか病棟業務を押しつけられる
  • 時短で帰る時の上のおじさま達の視線が厳しい
  • 休みを貰おうとするときもおじさま達の視線が厳しい
  • 子どもが熱を出して帰る時のおじさま達の視線も厳しい

職場でママさん達の分も負担がかかる側の人間からすれば確かに面白くない気持ちは分からなくもないですが、ママさん達のお仕事って家に帰ってからの方が大変だったりするじゃないですか。

家に帰って家事もしつつ、育児もする。子どもはこちらの予定とか都合なんておかまいなしで容赦もない。でも職場では早く帰ったり急遽お休みを貰ったりすることで後ろ指指される。

絶対辛いだろうなぁと、独り身ながらに思っていました。

もう少し将来的に働きやすい職場が良いなと思う

と、いうわけですぱっと医局を辞めることに。

さらっと書いてますが、まだまだここに書き切れないくらい医局には不満もあったので、「結婚」というオフィシャルにちょうど良い理由も出来たしチャンスだ!と思って辞めました。

一応私が医局を辞める時のお話の記事です。

それで今の職場に移ったんですけど、とても働きやすいです。

というか普通にフルタイムで働くのが当たり前だった自分にとっては、転職先を探し始めた段階からこんな働き方あるんだ!というくらい今の職場は衝撃的でした。

週3とか週4勤務&定時上がりなんて選択肢あるんだ…という衝撃です。

私は結局結婚はしたもののその当時はまだ子どもはいなくて元気な体なので、週4勤務のメイン勤務先を決めて、週1のバイト+週末に時々スポットバイトという感じに落ち着きました。

子どもが産まれるまではしっかり稼ぎたいというのもあって、土日に時々脱毛カウンセリングとか寝当直とかのゆるめバイトを入れてる感じです。

THE・意識低い系の働き方です。

QOL重視医師の働き方には、常勤とフリーランスの間「ゆる常勤+バイト」がおすすめである 最近はインターネットで医師向けの転職先やアルバイト先が簡単に探せるようになったことで、医局に所属しないで民間病院に直接就職したり、特定...
" class="blog-card">
QOL重視医師の働き方には、常勤とフリーランスの間「ゆる常勤+バイト」がおすすめである 最近はインターネットで医師向けの転職先やアルバイト先が簡単に探せるようになったことで、医局に所属しないで民間病院に直接就職したり、特定...

結婚を機に職場を変わりたい女医さんへアドバイス

さて、今回この記事を見てくれている結婚を機に今の職場を変えようかなぁと思っている女医さん達への私からのアドバイスは3つです。

  1. 出産後働く場所として、必ずしも医局所属が吉ではない
    • 大学病院勤務は産休・育休手当面で損!?
  2. 「結婚」は今の職場を辞める口実としてスペシャルチャンスである
  3. 結婚転職時の情報収集は転職業者を最大限利用すべし

です。

出産後働く場所として、必ずしも医局所属が吉ではない

いきなり少し話が飛ぶようですが、私大学生の頃って「医局」っていう言葉がイマイチよく分からなかったんです。医局って何?って先輩ドクターに聞いてもなんかピンとくる回答が来なかったんです。

ただまぁ医者として働くなら医局に入ってると色々良いことがあるらしい、というかみんな入ってるから当然入るだろ的なやつ、というような認識になっていました。

なんとなくその頃聞いた医局の説明で、「女医さんは医局に所属していた方が、出産後の働き方とかも上手く考慮してくれるし、とても助かるんだよ」というようなことを聞いた覚えがありました。(うっすら)

なのでなんとなく、なんとなーくですよ、結婚して子どもを産んで…というのを考えるなら医局に入っていた方が良い、そんなイメージが私の潜在意識の中に植え付けられていたのです。

と・こ・ろ・が!

医局にいた時のママ女医さん達があまりにも肩身が狭そうだった。

それと比べて今いるところは市中病院なんですが、圧倒的にみんな働きやすそうです。

医局みたいに大きな組織じゃないけど、お互い助け合ってみんなで上手くやってる感じ。そんなに給料が良いわけではないけれど、そこそこ人もいるからママさん以外の人達に大幅負担がかかるわけでもないからとても雰囲気がよい。それを見て新しい人も入ってくるから完全に良循環している。

その辺は病院の部長や偉い人の考え方次第で大学病院が良いとか市中病院が良いとか一言では言えないと思います。

ただ、出産後になんとか専門医とかのキャリアを作りながら働くための選択肢は大学病院しかない!というのは完全な思い込みです。探してみましょう、あなたが働ける病院、必ずあります!

大学病院勤務は産休・育休手当面で損になる

ちなみに、実際に妊娠・出産をしてみないと意外と気付かない視点なのですが、大学病院勤務の女医さんって産休や育休中の手当を貰う上でちょこっと損だったりします。

産休手当はお休みに入る前の12ヶ月分の給料額面平均の2/3が支給されるのですが、この給料額面は「雇用保険に加入している主となる勤務先」のものだけなので、外勤やバイトの収入は含まれないのですよ。

なので、もともと薄給で外勤で収入の埋め合わせをしている大学病院勤務だと、産休や育休手当で貰える金額もと〜っても少ないです。

一方で市中病院は一般的に大学ほどではないですがそこそこのお給料が貰える病院が多いので、この違いは結構大きいです。

ちなみに私は上述のようにゆるい常勤先を確保しつつ空いた日にバイトに行っているので常勤先はそれほど高給ではないのですが、それでも大学時代の倍以上は貰っているのでこの差はこれから産休に入る時に大きいと思っています!

この辺は最近流行のフリーランスドクターにはデメリットですね。フリーだと産休や育休手当はなく、純粋に自分が働ける分しか稼げないですからね。

なので私はQOL高く、収入もそこそこ欲しい女医さんにはゆる常勤+バイトが一番おすすめなんですよ。

https://doctors-oshigoto.com/post-2709/

「結婚」は今の職場を辞める口実としてスペシャルチャンスである

次に、結婚は医局辛いなぁとか今の職場辞めたいなぁと思っているときに、オフィシャルに使える無難な言い訳としてスペシャルチャンスです。

というのも、市中病院から転職するならともかく、医者にとっては医局を辞めるって一大事なわけです。そうするとその時の理由作りはとても大事です。

この時の理由に、

「こんな症例をもっと経験したいので!」

とか意識高いことを言ってしまうと、

「じゃあ〇△病院に一年赴任するのはどうかな!?」

とか代替案を出されてしまったりするケースもあるのです。

辞める時の理由は多少嘘や誇張が混ざっても、「辞めざるを得ない理由」を作るのが大事なんです。

たとえ旦那の職場が今の自分の医局の目と鼻の先だったとしても、「今後のことを考えて、旦那(自分)の実家近くの病院を探すことにしました」とか、結婚というビッグイベントの力を借りれば割とそれっぽい理由が沢山作れます。

私も医局を辞めた時、結婚はちょっとしたきっかけです。もうそれ以前から山積みになって天井が見えないくらい医局への不満が溜まっていました。

我ながら良いタイミングで辞めて良かったなと思うばかりです。

結婚転職時の情報収集は転職業者を最大限利用すべし

最後に、私がどうやって転職先を探したか?

転職するならとにかく情報収集が大事です。

自分でも色々とリサーチしましたが、医師向けの転職サイトも最大限活用しました。

医者の転職って同じ医師同士の口コミに頼りがちで、それはあながち間違いではないのですが、特にママ女医さんの場合キャリアを作りつつ、ワークライフバランスも重視したい方は多いのでは?

業者を利用して転職先を探すメリットはそういう条件を心置きなく伝えられること。というのも知り合いのドクターの紹介とかだと、面と向かって「週3日勤務が良いです」とか伝えづらくなるじゃないですか。

コンサルタントさん相手だとそういう変な遠慮をしなくて良いので、「QOL重視で働きたいです」みたいな希望がすごく伝えやすいんですよ。

それ以外にも、今の自分の年代だとどのくらいの年収が相場なのかとか、職場を辞めるためのアドバイスとか、色々情報が得られます。

ただし、自分でもある程度病院はリサーチしましょうね。業者に紹介されていないけど実は求人応募可能な病院は結構あります。そしてここで見つけた病院も、気になった場合は業者に頼めば募集状況とか色々調べてくれたりもします。

結婚を機に転職を考える時におすすめのサイト

結婚を機に転職をしようと考える女医さんにおすすめのサイトをいくつか紹介します。サイト毎に微妙に求人内容が違ったり、ある求人サイトでは充足しましたと言われていた求人が、別サイト経由だと紹介可能と言われた!といったこともあるので、何社か登録して相談してみるのが良いです。勿論全部無料です。

まずおすすめの会社は業界大手の医師転職ドットコムと、エムスリーキャリアエージェントです。これはとにかく登録医師も多くて求人の数も情報数も業界ナンバー1のサイトなので、とりあえず登録して損はない会社です。

次におすすめするのがリクルートドクターズキャリア です。ここは常勤の求人も勿論ですが、非常勤もかなり充実していて好待遇の求人が多いです。ゆるーくキャリア形成したいママ女医さんは週3〜4日の常勤or非常勤+週1〜2の非常勤バイトみたいな働き方をする方も多いですし、非常勤求人にも強いリクルートドクターズキャリアは是非登録しておきたいところです。

あとは私みたいに子どもが出来るまでは週末スポット求人とかでお小遣い稼ぎをしようかなぁという場合は民間医局医師バイトドットコムも合わせてオススメです。この二つはスポット求人の成約率がいいです。人気のスポットはすぐに埋まってしまいがちで、利用医師の多いエムスリーで週末スポットを勝ち取るのは結構ハードです。

民間医局はレジナビなどを主催していることもあり、人気病院とのコネクションが強くて良い求人が多いので常勤転職時も利用出来るし、他にも医学書が割引価格で買える民間医局書店など医師向けの福利厚生も充実しています。

医師バイトドットコムは名前の通りバイトに特化している分、非常勤やスポットバイトの求人数はピカイチです。

さいごに

辞めたくない職場を辞める必要は勿論ないですが、結婚や出産は職場を辞めるタイミングとしては良い機会になること間違いないです。

もちろん専門医は取りたいし医者の仕事は続けたいけど、子育てもちゃんとしたいし、家庭も疎かには出来ない…と、そんな悩みを抱えるのは避けられないかもしれません。

でも、一歩外に出るだけで今よりずっと働きやすい職場が見つかる可能性も無限大です!

これを読んでくれたあなたにも、上手くワークライフバランスが保てる職場が見つかりますように!

ABOUT ME
えいみー
えいみー
修行や雑用が嫌いな意識低い系ゆとり世代です。なによりもコスパを重視するゆえ、出来るなら必要最小限の努力で立派な医者になりたいです。医局は辛かったので辞めました。要領の良さと見切りの速さがチャームポイントです。医者のQOMLを向上させよう!をテーマに情報発信するためのブログ書いてます。
こちらの記事も読まれています