医師アルバイト探し

若手や後期研修医でも可!経験問わずの医師バイトでおすすめを紹介!

どうも、意識低い系女医えいみー(@Dr_Amy777)です。

医者は高収入なんて言われるけど、何かと出費も多くなりがちで欲しいものや必要なものを買っていると意外と手元に残るお金は少なくなります。実は貯金も人に言えないくらい少ない…なんて人も多いんじゃないでしょうか?

でもでも、そんな人でも医者の大きな強みの一つが割の良いバイトです。初期研修医の間は出来ませんが、研修医が終わり後期研修医やレジデントになった瞬間、バイトという副収入の選択が出来るので、うまくすれば大幅に収入を増やせます。

そしてまだ研修医終わったばかりのひよっこ医師に出来るバイトがあるのか不安に思うかもしれませんが、今はインターネットでいくらでも医師のバイトは探せます。少し検索すれば経験や診療科問わず「医師免許さえあれば応募出来る」バイトがいくらでも見つかります。

専門科指定の求人に比べれば給料は安くなるものが多いですが、それでも医者のバイト給料は普通の人からすればびっくりするくらい高いので、時給1万円くらいの求人が割とあります。

今日は後期研修中でまだ専門医資格を持たない比較的若手のドクターでも出来る、診療科問わずの求人はどんなものがあるか、その中でもおすすめの仕事はどんな求人か、そしてこうした求人を見つけるにはどうすれば良いか、といったことを私の経験から紹介します。

はじめに – 何を基準に「おすすめ」としているか

今日これから紹介する医師バイトについて、何を基準に「おすすめ」としているのかをはっきり書きましょう。

ずばり、このおすすめ基準は「いかに楽で儲かるか」です。

実も蓋もない言い方ですが、「経験不問」「診療科不問」のバイトはほとんどが内容はつまらないものが多いです。私は自分の専門科に関してはバイトで学んだことも多いですが、今日紹介する求人はバイトでも医師として何かを学ぼうとするよりは、余った時間でのお小遣い稼ぎが目的です。

まぁ私個人の好みですが、医師として勉強出来るかどうかは自分の本職に任せて、バイトは割り切ってとにかく楽で儲かるもの!出来れば待機時間が中心でバイト中も自分の勉強や読書などに充てられるようなものや、仕事内容に比して給料のコスパが良いと感じた仕事を優先していました。

バイトの探し方

医師のバイト形態は大きく分けて2通りで定期非常勤とスポット勤務があります。

定期非常勤は毎週〇曜日のように定期的に入るバイト、スポットは〇月▲日の1日だけ働こう!のように単発で入るバイトです。スポットは空き時間や週末に気楽に出来るメリットがありますが、安定した収入にはなりません。

毎週決まった曜日に働くの嫌だな…旅行とかもたまには行きたいし…なんて思っても、定期非常勤も月1回や隔週のものなどもあるので、ある程度安定して収入を増やしたいなら定期非常勤を探した方が良いです。

私は基本新しくバイトしたいと思った場合は、医師向けのバイト探しサイトで定期非常勤の希望の条件を入力して、給料面や交通面などが良いものが出てくるまで待ちつつ、空いた週末にちょこちょこスポットを入れながらお小遣いを稼いだりします。

医師の非常勤アルバイト探しにおすすめのサイト3選世間一般から見れば高給取りのイメージが強い医師ですが、意外とその給料自体は特別高いわけでもなく、都内で奥さんや子どももいたりすると月々の...
医師スポットバイトの探し方!お小遣い稼ぎしたい医者向けおすすめサイト3選医者は安定職と言われていますが、収入自体はそこまでずば抜けて高いわけではなく、趣味に交際費にと色々使っていると意外とお金もたまらなかった...

バイトの探し方やサイトについては↑の記事も参考にしてください。

診療科や経験問わず出来るおすすめバイト

私自身は医師3年目からはずっと麻酔科専攻なのですが、標榜医を取るまでは麻酔のバイトはほぼ出来なかったので、経験や診療科問わず出来るバイトを色々やってきました。

ここからは具体的に私が今までやった「経験不問」や「診療科問わない」医師バイトの中で、私がおすすめと思う順に紹介していきます。

医療脱毛・AGAのカウンセリング

圧倒的「楽で儲かる」バイトおすすめ1位は医療脱毛やAGAのカウンセリングです。

美容皮膚科のバイトはボトックス注射などの手技が要求されるところもありますが、未経験・診療科問わず募集されていることが多いのが「脱毛やAGAのカウンセリング」です。

脱毛って大きく分けて「医療脱毛」と「エステ脱毛」の2種類があるのですが、「医療脱毛」については「医師が診察した」という事実が大事なのです。つまり「医師免許をもった人間がそこにいて、脱毛希望の患者を診察した」という事実を作るための仕事です。

私は冒頭でも書いた通り麻酔科医なので皮膚科の知識はほぼゼロですが、色々な脱毛クリニックで勤務してきました。

たまに患者さん(というよりお客さん)から質問などされたりすることがあるので、基本的なレーザー脱毛についての仕組みなどはクリニックさんのマニュアルさんを読ませていただきました。それほど負担の大きなものではないし、お客さんも基本的には健康で元気な方ばかりなので困ることもほとんどありませんでした。

あとは脱毛サロンやAGAサロンって、割と予約枠にゆとりがある場合が多くて、空き時間は結構自由に過ごせます。自分の勉強をしたり、読書をしたり、ブログを書いたり…と割と自由に過ごしています。

それでいて時給は1万円前後もらえるという、若手など専門医のないドクターにはコスパ最強のバイトだと思っています。

療養病棟当直(出来れば地方)

次に私が好きなバイトは療養病棟の当直バイトです。

いわゆる寝当直です。

患者さんのほとんどがDNARなので特別なスキルは必要ないですが、お看取りが一定数あるので死亡診断書の書き方資料は携帯しておきましょう。(参考:厚労省- 死亡診断書書き方マニュアル)

時給が高いバイトを狙うなら救急車がガンガンくるような救急当直バイトが良いのは勿論ですが、私は夜中は働きたくない。あと救急も嫌いです。救急に来た変な患者さんや家族の相手をするのも嫌いです。だからどんなに給料がよくてももう救急当直バイトはしないと心に決めています。

ただし、当然ながらほぼ寝て過ごせる療養病棟当直は給料は決して良くないのが実際のところです。療養病棟当直だと平均的な給料は一晩3〜4万くらいですが、週末の土曜日の午後〜月曜朝まで(常勤医が休みたい時間帯)をぶっ続けて勤務して10〜15万くらいもらえるものが結構多いです。

そして給料が安くても「寝当直」という魅力的な響きから、医師のバイトサイトでも人気が高くて割とすぐに埋まってしまい競争率が高いです。

療養病棟の当直は地方に行くほど高くて、寝当直でも一晩で5万円くらいもらえるものが多くなります。場所によっては東京などの都心部からの新幹線代や飛行機代を出してくれるものもあります。

私がたまにやる技ですが、週末に当直バイトを入れて前後でついでに観光してくるなんてことにしてしまえば、1泊2食つきの宿と往復交通費がタダで確保出来て週末にプチ旅行出来ます。当直明けに入る温泉は最高です。ただし、当直室のベッドは硬いことが多いので枕が変わるだけで寝られなくなる人は要注意です。

ちなみに、私は寝当直好きなので、寝当直について暑く語る記事も書いています。

寝当直バイト好き医師の私が、効率の良い寝当直バイト探しを伝授する!こんにちは~! ここへ来てくださった医師の皆さん、当直好きですか?? 私は寝当直に限り、好きです。 寝当直だろうと自分...

コンタクト診療

眼科医や経験年数が指定されているものもありますが、誰でも出来るものもあります。

外来によっては休む間もなくずっと患者が来るところもあれば、比較的ゆったり出来るところもありますが、時給は1万円を超えるものも多くコスパは良いものが多いです。そして土日もOPENしているところが多いので、週末のお小遣い稼ぎにぴったりです。

全くの未経験の場合は最初に簡単な研修を受けられる求人があります。稀ですがこうした求人で一度研修を受けるといつでもコンタクトバイトに入れるようになります。

インフルエンザ予防接種

季節限定になりますが、10〜11月に割とおすすめなのがインフルエンザの予防接種バイトです。

予防接種自体は看護師でも出来るのですが、インフルエンザの予防接種時には必ず医師が問診票を確認するのが原則です。求人によっては接種自体の手技も医師がやるものもありますし、問診のみ医師が行うものもあります。

基本的には予防接種をするだけなので難しい手技は何もなく、時給も7000〜8000円は出るものが多いです。

難点は、勤務中は割と休みなく患者がくるので比較的忙しいです。あとは最初に書きましたが出来る時期が秋の時期だけと限られています。また稀ですが予防接種後のアナフィラキシーなどの対応が必要になります。

健康診断

診療科問わず誰でも出来る求人としてポピュラーなのは健診です。バイト始めたばかりの頃はたまにやっていましたが、最近はあまりやらなくなりました。時間内にかなりの人数が詰め込まれているので結構疲れるし、割にそこまで給料が高くないからです。

内容は多岐にわたっていて、学校検診や企業健診など色々で、一日に数カ所の企業や学校を回るものもあります。特別手技が要求されないものであれば大体7000〜8000円が時給といったところでした。

婦人科検診や乳腺健診など、特殊手技が要求されるものは少し給料も上がる場合が多いです。(ちなみにこれらの求人は女医限定が多いですが、私はんどちらも出来ないのでやったことはないです)

秋と春が健診シーズンと呼ばれていて、この時期は土日も含めて求人が多いので、この時期にとりあえず稼ぎたい、どんどんバイト入れたい場合には健診バイトを探してみると良いです。

救急外来当直

ほとんどの医師の方は研修医時代に救急外来の仕事をしていると思うので、特に指定がないものであれば医師3年目以上の先生は誰でも応募出来る救急当直求人が沢山あります。

救急外来当直の良いところは、なんといっても給料が良いこと。土日の24時間当直なら10万は軽く超えるものが沢山あります。救急車や患者数がガンガンくるものであればなおさらです。

救急車の受け入れや入院患者を一人受け入れる毎に2000〜5000円ほどのインセンティブがもらえる求人も沢山あるので、とにかく短時間でたくさん稼ぎたいなら救急当直一択
です。

求人に出ているものは3次救急もありますが2次救急が多いので、超ド緊急の対応よりも基本的な救急の初期対応が出来れば勤務は可能なものが多いです。

ただ、私は救急は嫌いなのでやりません。(きっぱり)

夜に働きたくない。夜は寝たいから給料安くても寝当直がいい。

そしてコミュ障なので救急外来に来た患者さんの話し相手をするのも苦手だからです。

ただ、救急外来の仕事はなんだかんだ勉強になることも多いです。冒頭では基本的に勉強になるかどうかではなく「いかに楽で儲かるか」を基準に選んだと言いましたが、どうせ働くなら多少何か勉強したい!という意識高い系の先生は稼げるし一石二鳥です。

内科外来

こちらも基本的に内科の先生がやるものですが、診療科問わず勤務可能なものもあります。未経験で可のものは新患ではなく定期受診の患者中心です。

患者の数にもよりますが、半日で3〜4万円くらいの求人が多かったです。基本的には安定した患者さんの定期受診が中心なので、変わりなければ普段の処方をdoして終わりのことがほとんどです。

難点としてほとんどが平日日中の求人なので、普通に常勤として勤めている人には応募するのは難しいと思います。稀に土曜日午前の求人もありますが、そんなに多くはないですね。

透析管理

これは「腎臓内科医」と指定があるものもありますが、たまに経験不問のものが紛れこんでいます。

穿刺手技とか設定の調整などはクリニックスタッフがやってくれるとのことでドクターの仕事は一応ある回診をして、万が一の急変時対応をすること。急変などがなければ患者さんの透析が終わるまで待機しているだけでOKなバイトです。

ただ、そうは言ってもやっぱり透析患者って色んなことが起こります。ちょっとしたことで水分過多でアップアップになってくるし、感染もしやすいし、体調変化で透析開始時に血圧変動したりと療養病棟の寝当直と比べたらはるかに急変率とそのリスクが高いです。

私がやっていた時は何もなかったですが、万が一の場合には急変対応や近医への紹介なども全部やらなければいけなくなるのでちょっとハードル高めの求人の印象です。

未経験OK求人を探すのにおすすめのサイトは?

ここまで、未経験・診療科問わず出来る求人をいくつか紹介してきましたが、具体的に求人を探すのにおすすめな医師向けのバイト探しサイトをいくつか紹介します。

「月1回から勤務可能な寝当直」のような定期非常勤の求人もあるので、定期非常勤の求人が豊富なリクルートドクターズキャリア医師転職ドットコムに登録して、条件の良い定期非常勤の求人を待ちつつ、適宜空いた週末などでスポットバイトを探すのが効率的と思います。

今日紹介したようなスポットバイト探しに私がよく使っていたのは

 

の3つです。この3サイトは利用者、登録求人ともに多くて色々な地域で上記のような未経験OKの求人が結構見つかりました。

登録して求人を探すのは無料なので、ひとまず会員登録したら自分の住んでいる地域近辺の求人を探してみましょう!

希望別!経験問わずの求人、おすすめまとめ

人によってどんなバイトがしたいかは希望が少しずつ違うと思いますが、未経験でも出来るバイトってこんなのがあるのか〜というのが伝われば良いなと思います!

長くなりましたが簡潔にまとめると…

  • とりあえずコスパ最強→脱毛カウンセリング
  • ゆったり勤務希望→療養病棟当直
  • 週末にコスパよく稼ぎたい→コンタクト、救急当直
  • バイトでも多少勉強になるのがいい→救急当直、内科外来
  • 秋or春でとりあえず稼ぎたい→健診、インフルエンザ予防接種

では今日はこの辺で失礼します!

ABOUT ME
えいみー
えいみー
修行や雑用が嫌いな意識低い系ゆとり世代です。なによりもコスパを重視するゆえ、出来るなら必要最小限の努力で立派な医者になりたいです。医局は辛かったので辞めました。要領の良さと見切りの速さがチャームポイントです。医者のQOMLを向上させよう!をテーマに情報発信するためのブログ書いてます。
こちらの記事も読まれています