その他のプチ情報

医師(勤務医)の年収相場ってどのくらい?年収を上げるには?

医師って高収入と言われていますが、実際のところのみんなのお給料事情、気になりませんか?

確かに同年代平均からしたらかなり貰っている方だけど、当直や時間外とか入れたら働いている時間に見合った給料を貰っているのかどうかは疑問ですよね…。

また高年収とはいっても年収1000万程度だと都心に住んでいて家族もいたりすると意外と手残りは少ない…なんてこともあると思います。

そこで、先日医師の給料事情についてアンケートを取ってみました!みんな実際どのくらい給料貰ってるんだろう!?って思いましてね!

そしてそのアンケートをもとに、医師が年収を増やすためにはどうすれば良いかを一緒に考えてみようと思います^^

Twitterでアンケート取ってみた

アンケート概要と結果

私は今目的別に3つくらいTwitterアカウントを持っているのですが、フォロワー2500人くらいで一番医者のフォロワーさんが多いアカウントでアンケートをとってみました。

医師3年目以上(つまり初期研修医は対象外)として、「1000万以下」「1000〜1500万」「1500〜2000万」「2000万以上」の4つの選択肢でアンケートしてみました。一応医者以外の副業(株とかFXとかね)は入れない計算。

なんとなく、1000万円前後の1000〜1500万が一番のボリュームゾーンかなぁと思っていたので、

  1. 1000〜1500万
  2. 1000万以下
  3. 1500〜2000万
  4. 2000万以上

 

のような結果を想像していたのですが、結果は意外なものになったのです!


医者アカウントの方の中で拡散していただき、2836票の投票が得られました!

するとなんと年収1000万円以下の先生が半数以上というのも驚きですが、勤務医なのに年収2000万を超えている先生が16%もいることに驚きです(O_O)

このアンケートのリミテーションについて

ここでこのアンケートのリミテーションについていくつか述べておきます。

まず、Twitter上での匿名投票なので気軽に投票出来るということで多くの票が集まりやすい反面、信憑性が低くなっています。

Twitter利用者は医者以外の人も沢山いますし、そういった人達がこのアンケートを見て結果見たさに医者じゃないけど自分の年収をとりあえずクリックしている可能性があります。

一般的なサラリーマンの平均年収は1000万以下でしょうから、そのせいで1000万以下の票数が水増しされている可能性はあります。

次に、この質問の際に投資や資産運用などの収入は除いた勤務医としての年収が知りたかったので「副業等は除く」と書きましたが、一部でこれを「外勤も副業」と捉えられてしまった方もいたようです。

そのせいで1000万円以下のゾーンが増えてしまっている可能性もありあります。

また、かなりざっくりしたアンケートなので大学病院勤務・市中病院勤務などでかなり収入差はあると思いますので、そういった点も全てごちゃ混ぜになっているアンケートであることをご了承いただければと思います。

一般的な医師の年収ってどのくらいなのか?

さて、というわけでアンケートを参考にしつつ、一般的な医師の年収がどのくらいなのか考察してみましょう。

しかしこの「一般的」という言葉がとても難しく、医師の年収は勤務形態・年齢によって大きく変わってくるのですが、

  • 給料については一般的に 大学病院 <<< 市中病院
  • 都内は給料が安く、その他は 超僻地 >>> 都心 > 地方
  • 医者は給料の頭打ちが早く、1000万円超えるのは早いがそこから先の伸びは悪い
  • 勤務医はあまり実力は関係なくある程度の年功序列で給料も決まる

 

あたりが一般論ですね。

ただ、私の知り合いでは大学病院勤務でも割の良いバイトを上手くねじこんで年収2000万くらい稼いでいる先生も知っています。

地域による差もありますが、正直病院や診療科次第なところも大きいですね。

あとは医師は大体卒後5〜6年ほど経って専門医が取得出来るくらいの年代になれば、多くの人が年収1000万前後には到達するとは思います。

日本では医者の給料はあまり実力に関係なく経験年数でつけられるので、仕事が出来ようと出来なかろうと医者になって5〜6年も働けば年収1000万を超える人が沢山いるわけです。

ただ若いうちの収入って時間外とか当直代とかの収入によるところも大きいので、年代が上がれば比例して給料も増えるかと言えばそうでもなく、むしろ管理職についたりすると夜勤がなくなって給料が下がる…なんていうパターンもあったりします。

なので平均的なドクターの年収の場合は、卒後10年以内くらいに1000万を超えて、その後1000〜1500万の間で頭打ち…となるパターンが多いと思っています。

勤務医で年収2000万円超えはどうすれば出来るのか?

そしてこのアンケート、勤務医で年収2000万超えの先生、どうやったらそうなるんや!と思いませんか??

私は思いました!是非ともこの年収2000万超え勤務医の先生にお話を聞いてみたい!と。

そこでこのアンケート後に年収2000万超えの先生に何人かにメールでコンタクトを取ることが出来ましたのでどんな働き方をされているのかを聞いてみました。

そこで出てきた年収2000万超えパターンをいくつか紹介していきます。

パターン1:美容外科

まぁこれは美容業界のちょっと闇な部分もありますが、とにかく現時点で無条件に高年収が実現しやすい勤務医パターンは美容業界のようです。

私の周りにも未経験で初期研修修了したばかりですぐに美容業界に入り、すぐに美容系クリニック院長になり年収は私の倍以上を軽く稼いでいる同期を知っています…(O_O)

美容系は未経験でも年収2000万くらい出してくれるようなパターンもあるんだとか…

ただ、美容外科については外来中心で患者数もそれほど多くなくゆったり働ける勤務先もありますが、かなりの勤務時間のブラックなクリニックも多いようです。

それでも夜勤は基本ないし、比較的働いた時間に応じた(あるいはそれ以上の)報酬が得やすい業界の様子。

美容以外で年収を高くしやすいのは救急科、麻酔科、整形外科、産婦人科の先生が多いです。

パターン2:バイトしまくりで年収2000万超え

これも医者あるあるですが、なぜか常勤で働くよりもバイトの方が給料が高い!

不思議ですよね〜。。。

というわけで、一番多かったのが自分で見つけたバイトなども入れて年収2000万超えをしている先生達です。

バイトで稼げる先生の特徴としては

  • 麻酔科・産婦人科・救急科(1日バイトの単価が高い)
  • 有給が取りやすい(適宜有給を取りつつバイトをしているという先生も!)
  • 土日が基本休みにできる(土曜日の外来や週末の日当直が出来る)

 

といったパターンが多いですね。

バイトは一番手っ取り早く収入を増やすには向いていると思いますし、私も時々医師バイトでお小遣い稼ぎをしたりはしています。

医師スポットバイトの探し方!お小遣い稼ぎしたい医者向けおすすめサイト3選医者は安定職と言われていますが、収入自体はそこまでずば抜けて高いわけではなく、趣味に交際費にと色々使っていると意外とお金もたまらなかった...

パターン3:時間外つけまくりで年収2000万超え

次に、マジでブラック勤務でバリバリ時間外働きまくりで年収2000万超えを突破している先生です。

土日もほとんど休みなく働いて、平日の残業も当たり前…という過酷な勤務でがっつり稼いじゃうパターンですね。

そんなに時間外ってつけれるものなの?と思ってしまいますが、病院の取り決めにもよるみたいで、一ヶ月当たりの上限が定められている病院もありますからね…。

これは私のような意識低い系タイプにとってはあまり真似したいと思える方法ではないですが、お仕事大好き!病院大好き!な先生は働いた時間に応じた時間外が充分につけられる病院に就職すればすぐに2000万円突破出来るかもしれませんね^^

(現実的に)医師が年収を上げる方法まとめ

年収2000万円超えドクターの意見を参考にしつつ、現実的に勤務医が年収をあげる方法を考えてみましょう!

バイトする

手っ取り早いのはバイトです。

後述するように投資や資産運用などを利用して複数の収入源を作るのは色々なメリットが大きく、とても大事なことです。

ただ、基本的に投資・資産運用というのは「お金持ちがますますお金持ちになる仕組み」が主です。医者がお金持ちじゃないとは言いませんが、手っ取り早く収入を増やしたい人に株式投資やFXトレードは勧められません。

医師はバイトの収入が高いことが有名なので、今の職場を維持しつつ、例えば月1回くらいでも週末に当直バイトをすれば月10万くらいの収入が得られたりします。

安定して収入を得たいのであればある程度定期的なバイトを確保しつつ、空いた時間にスポットバイトを入れるなどしていれば月20〜30万程度の収入アップは比較的容易に出来るはずです。

医師の非常勤アルバイト探しにおすすめのサイト3選世間一般から見れば高給取りのイメージが強い医師ですが、意外とその給料自体は特別高いわけでもなく、都内で奥さんや子どももいたりすると月々の...
医師スポットバイトの探し方!お小遣い稼ぎしたい医者向けおすすめサイト3選医者は安定職と言われていますが、収入自体はそこまでずば抜けて高いわけではなく、趣味に交際費にと色々使っていると意外とお金もたまらなかった...

職場を変える

元も子もない話ですが、職場を変えて年収アップしてる先生は多いです。

高年収を狙っての転職であればある程度必要最低限の専門医を取得してからの方が良いですが、年収アップを狙っての転職であれば見かけ以外の年収も大事です。

例えば私の知り合いドクターの中には給料自体は普通だけど、有給がめちゃくちゃ取りやすいらしく、ちょこちょこ有給を取って空いた日に割の良いバイトを入れてがっつり稼いでるドクターもいます。

また、メインの施設は週3〜4日の勤務にして残りの日を定期非常勤のバイトで埋めたりしてトータルで大きく稼いでいる先生もいるようです。

このようにある程度収入アップを狙った転職を探すなら、医師向けの転職エージェントを利用してみるのもお勧めです。

求人数が多く好待遇求人を狙いたいなら医師転職ドットコムエムスリーキャリア、非常勤も合わせて探したいならリクルートドクターズキャリアも利用すると良いです。転職支援サービスの詳細はこちらの記事にも書いています。

【最新版】医師転職サイトを実際に利用して比較!選び方とおすすめサイトを紹介!医師向けの転職支援サービスは沢山ありすぎてどこに登録すれば良いか分からなくなっていませんか?実際に8社を利用して比べてみたので選び方やおすすめのサイトを紹介しています。...

投資や資産運用に挑戦してみる

今回のアンケートでは副業収入は除いて答えてもらっているのですが、最近は投資や資産運用に興味を持って取り組んでいるドクターも多いですね。

株式投資などで得た利益は通常の収入とは別に課税されるのでどれだけ稼いでも一律20%の所得税です。

細かいですがこの税金問題は大切で、累進課税で稼げば稼ぐほど30%、40%と半分近くが税金として取られてしまう給与所得と違ってこれは大きいですね!

上手くすれば仕事の合間に大きく収入アップを狙えるかもしれません。

ただ、資産運用は基本的にまとまったお金のある人が取り組むもの、言ってしまえばお金持ちがますますお金持ちになるための仕組みです。

ひとまず種銭をつくりにはバイトなどで収入を増やしたうえで、得られた収入を投資に回す…というのが出来れば最強ですね!

医師向けの投資や資産運用について初心者向けの記事はこちら

医者は投資に向いていない?その理由と医師にもおすすめの資産運用法「医者の投資は失敗する」とか、「医者は投資に向かない」なんて書かれているのをみたことはありませんか?医者ってそれなりに高学歴で頭も良いは...

また、当ブログでは実際に投資をしているドクターにインタビューをする企画もしてまして、これまでも米株やビットコインFXなどのトレードで医師としての年収の倍くらい稼いでいるドクターも登場しています。

そのくらい、こうした副業を上手く利用する利益は大きいです!

ABOUT ME
えいみー
えいみー
修行や雑用が嫌いな意識低い系ゆとり世代です。なによりもコスパを重視するゆえ、出来るなら必要最小限の努力で立派な医者になりたいです。医局は辛かったので辞めました。要領の良さと見切りの速さがチャームポイントです。医者のQOMLを向上させよう!をテーマに情報発信するためのブログ書いてます。