ロボアドバイザー

ロボアドバイザー、ウェルスナビって本当に儲かるの?20ヶ月運用してみた私の結果、他のほったらかし投資とも比較します。

最近よく聞くロボアドバイザーという言葉、ウェルスナビとかテオとか、聞いたことはあるけどなんだか怪しいしお金を預けて良いのか不安…とはじめられずにいる人もいるのではないでしょうか。

確かに株やFXのトレーダーや不動産投資で成果を出している人から見れば、ロボアドバイザーは手数料もかかります(1%)し、大きく儲けることはできないのでこんなものにお金を預けるなんて!という人もいます。

ただ本格的に投資をしようと思うと、自分でどんな投資商品を買うか調べたり、企業の業績をチェックしたり…というのはなかなか大変ですし、買った後も日々のニュースに目を光らせたり、株価をチェックしたり…とするのは忙しい働き人には煩わしく感じる人もいるでしょう。

でも今の時代銀行にお金を預けていても、利子なんてほとんどつかない。

どこかにほったらかしで資産を預けたら増やしてくれる人はいないんだろうか…なんて思う人にはロボアドバイザーは良い選択肢です。

私もちょうど1年半ほどロボアドバイザーでの積立投資を続けてみたので、私のこの成果を公開しつつ、他の比較的ほったらかしで運用していた投資商品と比較しながら、実際にロボアドバイザーは儲かるのか?を検討してみようと思います。

ロボアドバイザーとは?

まずロボアドバイザーがいったい何なのか、知らない方のために簡単に説明します。

できるだけ大きく損をすることを避けるための投資の基本は「分散投資」です。

1社だけの株を沢山持っているよりも、いくつかの株や債券、不動産など複数の資産に分けて持っておくことで、大きく儲けることはできないですが、大きな損が出る可能性も少なくなります。

最近は金利が低く銀行に預けていてもほとんどお金なんて増えませんから、それなら大きく儲けることはできなくても年間3%くらいお金が増やせる方法がないかな…そんな人にぴったりなの分散投資なのです。

たかが3%と侮ることなかれ、複利のパワーとは偉大なもので、100万円の年利3%は3万円にしかなりませんが、10年、20年と積み立てると馬鹿にできない数字になります。

そんな分散投資をするのにはこれまで「インデックス投信積立」というのが一つの方法でしたが、そこに最近加わってきたのが「ロボアドバイザー」という仕組み。

一旦資金を預ければ、私達の生活スタイルや必要資金に併せて勝手に分散投資をして資産を運用してくれる仕組みです。

インデックス積立に比べたら手数料がやや割高でデメリットもありますが、リバランスも自動でしてくれて、とにかく一定額を毎月預けてお任せしとけばOK、なまさにほったらかし投資が可能になりました。

ロボアドバイザーについて詳しく知りたい方はこちらの記事もどうぞ。

ロボアドバイザーを提供している会社は何社かありますが、↑の記事でも書いているように私はウェルスナビをおすすめしています。

ウェルスナビに登録する

ロボアドバイザーって実際儲かるの?

さて、今日の本題はここからです。

皆さんも、「ロボアドバイザーが何かは知ってる。実際に儲かるのか?」ということが知りたいことと思います。

私は1年半ほど前からウェルスナビに登録して、毎月5万円ずつの積立投資をしてきました。

リスク許容度は最初にいくつかの質問に答えた結果5/5(最もリスクを取れる)となったので、これで運用しています。

ちょうど今現在その積み立てた総額が100万円に達してキリも良いので、私のウェルスナビでの運用結果を公開しようと思います。

私のウェルスナビの設定等
  • 積立額は毎月5万円
  • 積み立てた期間は2018年4月〜2019年11月分
  • リスク許容度 5/5

さぁ、私の元本100万円はいったい今いくらになっているのでしょうか!?

5万円×20ヶ月積立投資運用した私の結果

私の現在のポートフォリオはこんな感じです。

積み立てたのは100万円で、20ヶ月で5万円ほど増えた感じですね。

全体の推移としてはこんな感じ。

短期間で見れば一時的に減っているタイミングもありますが、全体で見れば少しずつ利益が載ってきていますね。

私がウェルスナビの積立を始めたのが2018年の4月からなので、大幅な株価上昇もなかった一方で大きな株価の暴落などは見られなかった状態で、大体年率で言うなら3%くらいで増えた計算になります。

他のほったらかし投資と比べてどうなのか?

さて、ここで気になるのは、ロボアドバイザー以外にももっとお金を増やす方法ってあるんじゃね?というところかもしれませんね。

株のトレードやFXはまた比較の軸が変わってきそうなので、その他に私が中長期目線&ほったらかしで保有していた投資商品と結果を比較してみます。

投信積立の場合

私は2017年から投信の積立もしていました。

購入前に一応投資信託の選び方についての本は何冊か読みましたが、それ以降はずっとほったらかしです。

こちらは毎月8万円ずつ、NISA口座でいくつかの投信に分散して積み立てています。

諸事情により一旦2018年に貯まっていた分を売却して引き出しているので、少し収支がわかりづらいのですが、2018年の途中から毎月8万円ずつ積み立てて、現在の積立元本は19ヶ月分で152万円、それに対して現在の評価額は約158万円です。

積立期間は↑のウェルスナビと同じくらいですね。

6万円くらいプラスになっていることになり、大体元本に対して4%ほど増えている計算ですので、ウェルスナビよりは若干リターンは悪いということになりますね。

一応自分なりに色々調べて商品を選んでポートフォリオを組んでみたのですが、それっきりリバランスはせずにほったらかしていて、正直今見ると「この商品微妙じゃね?」みたいなのもいくつか入ってます。

ただまぁそれを差し置いても現時点では素人の私の組んだポートフォリオよりはロボアドバイザーの方が優秀なようです(´・ω・`)

私のポートフォリオは株式やREITなどのリスク資産の割合が比較的大きいので、2017年は全体的に株式市場が好調だったこともあり結構リターンがあったのですが、2018年以降は不調です。

米株の場合

私は米株も少し投資しています。

あまり資産状況を晒すのも恥ずかしいので、こちらは詳しい投資金額は載せませんが、いくつか自分が持っていた株の例を出しておきます。

例えば私は誰もが知っている「Amazon」「Google(Alphabet)」の株を持っていました。

これはぶっちゃけあんまり深く考えず、米株投資をやってみよう!と思った時に、「とりあえずAmazonやGoogleの株買っておけばまだまだ増えるんじゃね?」というめちゃくちゃ軽いノリで最初に買った米株です。

私がこの二つの株を購入したのは2017年の9月です。当然、この二つの企業を知らない人はほとんどいない時期なので、両者とも超BIG企業になった後です。

名付けて、「米株BIG企業へのほったらかし投資戦法」ですね。

私が買った当初はどちらも1株=$1,000を割っていた頃でした。

たまにチャートを見ると少しずつ増えていたのでそのまま1年ほど放置しました。

どちらも約1年ほど保有して、2018年の10月頃にAmazon株は$1,800くらい、Google株は$1,200弱くらいで一旦売りました。

これはほんとーに偶然自分の売りタイミングが良かったこともあり(なんとなく、上り止まるかなっていう勘です。私はチャート読めません。)、Amazonについては80%、Googleも20%の値上がり益を得ることが出来ました(*´艸`)

まぁなので、「米株BIG企業へのほったらかし投資戦法」は、ここ1年くらいのリターンだけでいえばウェルスナビや投信の積立に比べたら圧勝でしたね。

ちなみに、米株投資については以前Twitterで百式先生という先生にインタビューさせていただいた記事が参考になるので、興味ある方はこちらもどうぞ!

結論:ロボアドバイザー・ウェルスナビはやるべき?

他の投資商品と比べると、正直今のところは個別株でのリターンの方が全然大きいです。

ただ正直株はここ数年大きな暴落はなく比較的好調に上がり続けていて、ラッキーパンチで私のような素人もあまり損しなかった感がすごく強いです。

確かに米国BIG企業の株をほったらかすのは私の場合たまたまタイミングよく上手くいきましたが、例えばAmazon株だって購入していたタイミングが2018年の秋頃だったらトントンか下落してしまっていた可能性もありました。

米株は高配当株も多いですが、それでも個別株は何も考えずにネームバリューだけで投資をするのはおすすめ出来ません(^_^;

ともすると、あれこれ株のこと調べたり、世の中のニュースを追いかけたりするのがめんどくさいと感じてしまうような方にはウェルスナビはぴったりのように思います。

ほったらかし投資したい人にはインデックス投信を積み立てるという選択もありますが、正直私の場合は投信もウェルスナビもそこまでリターンは変わりませんでした。

(ただ私は色々調べた結果一部インデックスでないアクティブファンドも含んでいるので、選択が悪かった感は否めない…)

なので、ほったらかしで資産運用したい人におすすめの方法としては、

  • つみたてNISAの満額(年40万までなので、月33000円)をインデックス積立
  • iDeCoもインデックス積立(勤務医なら月12000円)
  • 残りの余剰資金でウェルスナビ運用させる

というのが一番おすすめかなとは思います。

月にいくらまでなら積み立てられそうか、将来いくら必要になりそうかは収入や現在のライフスタイルによって違うと思いますが、医師の方なら月45000円以上は余裕で積み立てられる方が多いのではないでしょうか?

銀行の定期預金に100万円預けていたとしても現在の利子は0.02%とかですから1年半でせいぜい増えても数千円ですからね。

とりあえず銀行に寝かせておくくらいならロボアドバイザーに任せて運用させちゃった方が良いかなとは思いますよ!

ウェルスナビに登録する

ただし注意点として、今後は景気が後退して株が下落に向かう可能性はおおいにあると思うので、これからはじめる方はリスク許容度は低めの設定の方が良いかもしれません。

リスク許容度が5に近いほど、株などのリスク資産の割合が多くなり、リーマンショックのような大幅な下落時に大きな損失が出やすいです。

ABOUT ME
えいみー
えいみー
修行や雑用が嫌いな意識低い系ゆとり世代です。なによりもコスパを重視するゆえ、出来るなら必要最小限の努力で立派な医者になりたいです。医局は辛かったので辞めました。要領の良さと見切りの速さがチャームポイントです。医者のQOMLを向上させよう!をテーマに情報発信するためのブログ書いてます。