資産運用・節税

医者は投資に向いていない?その理由と医師にもおすすめの資産運用法

「医者の投資は失敗する」とか、「医者は投資に向かない」なんて書かれているのをみたことはありませんか?医者ってそれなりに高学歴で頭も良いはずなのになぜこんな風に言われてしまうのか、その理由を知ることで投資で失敗するリスクもずっと低くすることが出来ます。

そこでまずはこの「医者の投資は失敗しやすい」と言われる理由と、そんなお医者さんの投資戦略について、私見ですが書いてみようと思っています。

医者はなぜ投資に向いてない?

この問いについての一般解は、「お医者さんは忙しくて自分で投資について勉強したりする時間がないから人に勧められる商品をなんとなく買って失敗する」というのをよく見かけます。

これは間違いないのですが、別に仕事が忙しいのなんて医者だけじゃないと思うのです。この理由は説明不足だと私は思っています。

私は最大の理由は「医者って経済とか金融の知識に乏しくて、社会情勢に疎いから」だと思うのです。

医者が経済や金融の知識に疎いワケ

厳密に言えば、「医者は高学歴の割に経済や金融知識に疎い」という感じですかね。

理由は、

  • 高校時代理系選択で社会をあんまり勉強してない(政治・経済とか選択しない)
  • 就活してない
  • 仕事柄そういう知識が一切不要

の3点です。私も高校時代は政治経済は授業すら受けたことがないですし、選択していたとしてもセンター試験の知識で終了してたと思います。

そして大企業に就職しようと思ったら就活の面接に備えて日経新聞を購読したりするとも聞きますし、就職に備えて社会のこととかちゃんと勉強しようとする方が多いのです。そして会社で働いているとある程度ビジネスの知識が必要になり、仕事内容次第では働きながら経済の知識もつきます。

ところが医者の就職は一般の就活とはかなり異なっています。そもそも需要>>供給なので就職難で苦労なんてしませんし、就職時に求められるのは「医師免許を持っている」ことと「最低限のコミュニケーション」だけです。まぁ後者は持ってない医者も沢山お見かけしますけどね(´・ω・`)

そして医者は日常の仕事をしていく上で、「社会情勢とかの常識」や「ビジネス知識」といったものが一切必要ないです。こんなに社会知識を必要としない仕事も珍しいのではないでしょうか。

先日同年代の女医さんが、

「私常識ないから、常識がなくても出来る仕事に就けて良かった。」

なんて言ってて、世間から見たら嫌みにすら聞こえるのかもしれませんが、「医者って常識がなくても出来る仕事」ってその通りだと思うんです。

サラリーマンの兼業投資家の方の多くは経済や金融のベース知識は持っていた上で日々少しずつ情報収集を仕入れていけば投資の勉強もしやすいのかと思います。

でも、医者はこれまでの経済や金融の知識がない上に、本業の仕事内容とは関係ない知識ばかりすぎて、投資の勉強をしようと思っても新聞の経済ニュースも分かんないし、そもそもその辺の基本事項が多分完全にちんぷんかんぷんです。

 

ともなると、普段の仕事もそれなりに忙しい中で、ゼロから社会のこととか勉強するのは結構な労力が必要です。

普通に医者の仕事をしていれば、リストラもないし生活していくのに不自由のないそれなりのお金は稼げる。

だからわざわざ自分で勉強してまで投資をしてみようとは思わない

 

以上から「お医者さんは忙しくて自分で投資について勉強したりする時間がないから」というところにまとまっているわけです。

私が医者も資産運用をした方が良いと思う理由

ところで、そもそも医者ってそれなりの高給取りなんだし投資とか無理してしなくても良いんじゃない?

…なんて思っている場合は、良ければこちらの記事も参考にしてください。

あわせて読みたい
医者も資産運用や投資を考えた方が良い3つの理由こんにちは!意識低い系女医のブロガー、えいみー(@Dr_Amy777)です。 突然ですが、あなたは老後のための充分な貯金が出来てい...

確かに医者はそれなりの高給取りで安定職、でもその分税金も結構取られています。

おそらく医者の年収の中央値付近であろう年収1000〜1500万円くらいの範囲は税率も高くて手元に残る手取りはなかなか増えないゾーンです。子どもの教育費にもお金をかけてしまったりと支出も多く、家族もいるドクターは意外とカツカツなことも…。

おまけにドクターは異動が多いことや、時間外労働の給料が多く基本給がそれほど高くないこともあり、退職金があまり期待出来ない人も多いのです。

私もそうですが老後に海外旅行しながら経済的に豊に暮らしたい、と思うなら貯金だけは不安です。

医者に向いてる投資や資産運用は?

とは言っても、上述のように医者はもともとの金融知識が乏しいことも多く、株やFXなんかに軽い感じで手を出すとイタイ目に遭うこと確実です。

これから投資や資産運用のことを勉強しようにも、私みたいに趣味で勉強するならともかく、お金のために投資の勉強!となると挫折してしまう可能性が非常に高いです。医者はアルバイトの時給も高いので、「これならバイト増やした方が…」となって諦めちゃった友人ドクターをいっぱい知っています。

そこで、あんまり投資とか分かんないけど、将来のことを考えて何か投資や資産運用をしてみたい!と思う方向けに、私のオススメをいくつか紹介します。

ロボアドバイザー

最初話題になり始めた頃は手数料も高そうだし、信用出来ないんじゃ…と思ってましたけど、色々調べたり試してみた結果これが医者の投資には一番合ってるんじゃないかなと思ってます。

あわせて読みたい
ロボアドバイザーって何?医師におすすめのロボアドバイザーはどこ?こんにちは!意識低い系女医のえいみー(@Dr_Amy777)です(*´艸`) 最近は「資産運用」がちょっとしたブームで、この言葉を...

ロボアドバイザーなら自分のライフスタイルに合わせた投資商品を紹介してくれるという点で始めてるドクターも多いです。

毎月一定額を自動で積み立てる「積立投資」がオススメです。ドルコスト平均法&複利の効果で投資の知識がない人でもリスクを抑えて資産運用が出来ます!

↑の記事でも書きましたがロボアドバイザーならウェルスナビがおすすめです。

あわせて読みたい
おすすめロボアドバイザー、ウェルスナビ!登録方法と始め方を解説!最近話題のロボアドバイザー! 株や不動産などの投資知識のない人でも、機械任せでお手軽に資産運用が出来るということで、これまであまり...

私も毎月いくらかお金を入れてるので、どうやって始めるのか等分からない場合は参考にしてください。

「WealthNavi」で資産運用

個人型確定拠出年金

これはドクターにとってはデメリットはほぼゼロでしょ!?というくらいオススメです。

あわせて読みたい
個人型確定拠出年金iDeCoとは?なぜ注目されているのか、特徴とメリットを解説こんにちは〜意識低い系女医のえいみー(@Dr_Amy777)です。 早速ですが、「個人型確定拠出年金」という言葉を聞いたことがあり...

iDeCoの仕組みはこちらの記事で詳しく解説しています。カンタンに言えば将来のための貯金をしながら、少しだけど税金も減らせるお得なシステムです。ただ、上手く運用しようと思うと投資信託を購入出来るくらいの知識は必要になります。

投資信託積立

単一の株を買うよりはリスクは低く、勉強も少なくて済みますが、ロボアドバイザーに比べるとある程度投資や金融について勉強することが必要になってきます。

それでも「長期で見れば株価は上がる」という資本主義の中で生活している限り、大きく損はしにくいのが投資信託積立の良いところです。

また、今はNISAを利用することによって税制面でもかなり有利になっています。

http://amy-traveler.com/2016/05/10/post-19/

私も最初に資産運用を始めたのは投資信託からだったので、興味がある人向けにおすすめ書籍もまとめてます。(別ブログ)

最後に

私自身も多分数年前まで本当に常識がなくて、大学性の頃には「どっちが円高でどっちが円安?」とかそんなレベルだったし、株とかそもそもちんぷんかんぷんでした。

色々自分で勉強するうちにすっかりハマってしまったので、こんな形で医者にも出来る投資や資産運用をこれからも紹介していければなと思います!